建 設 会 社 の 仕 事

建設業の種類


建設会社は大きく「総合建設業者」と「専門工事業者」に分けられます。私たち
深町建設は主に土木工事業に携わる「総合建設業」です。

建築・土木の工事を一式で受注して、工事全体のとりまとめ(施工管理)を行うのが「総合建設業者」、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくのが「専門工事業者」です。

多くの建設工事は「総合建設業者」と「専門工事業者」が連携することによって成り立っています。

【 建設業法による工事分類 】

総合建設業の役割


複数の専門技術を活用した高度な工事で必要となるのが総合建設業者(General Constructor)です。

工事全体の計画を立て、必要な技術者を集め、スケジュールのすり合わせを行い、発注者や地域住民との調整窓口となって、工事全体のコーディネートを行います。

工事全体の責任者として実際に現場の指揮を執る監理技術者は、マネジメント(管理)、コンダクト(指揮・指導)、コミュニケーション(調整)の能力が総合的に要求される、難しくもやりがいのある仕事です。

【総合建設会社の位置づけ】

必要とされる技能は?


私たち深町建設では主に土木の工事を請け負っていますが、ここで求められるのが「土木施工管理技士」という国家資格です。

工事全体の責任者である監理技術者となるためには土木施工管理技士1級の資格が必要となります。また土木施工管理技士2級の資格を所有していれば工程ごとの責任者である主任技術者になることができます。

建設業法という法律では営業所、工事現場ごとに主任技術者、監理技術者を配置することが義務付けられており、1級土木施工管理技士の資格を所有していれば、主任技術者、監理技術者のどちらとしても業務に当たることができます。

建設業界で技術者としてキャリアを積んでいくためには必須の資格といえます。

深町建設では業務上の必要性と自身のキャリアアップのため、資格の取得を推奨しています。
取得後は資格手当という形で給与にも反映されます。

【土木施工管理技士 1級・2級】

PAGE TOP